『今夜、すべてのバーで』中島らも

親父からの手紙を思い出した。

 

f:id:sunmontoc:20190322005210j:plain

『今夜、すべてのバーで』中島らも

薄紫の香腺液の結晶を、澄んだ水に落とす。甘酸っぱく、すがすがしい香りがひろがり、それを一口ふくむと、口の中で冷たい玉がはじけるような…。アルコールにとりつかれた男・小島容が往き来する、幻覚の世界と妙に覚めた日常そして周囲の個性的な人々を描いた傑作長篇小説。吉川英治文学新人賞受賞作。(Amazonより)

 

先月の誕生日に好きな本をプレゼントしてもらえる機会があり、どうせなら一生残りそうな本をもらいたいと思い、悩みに悩んでこれを。名前しか知らなかった人。

あらすじを読んでるとエッセイ要素が強いのかなと思ったら、しっかり読ませてくれる物語で、起承転結がわかりやすかった。

膨大な調査に基づいているんだろうけど、作者の実体験も入っているだろう症状やフラッシュバックや酒に対する溺れ方の描写がリアルで、ブラックアウトしょっちゅう起こす身としてはしっかり恐怖感もらった。

1994年発行だけど文章も今読んでも全然違和感なく、文や会話のリズムが良くてスラスラ入ってくるし、心に残る部分や感心する部分が多い。

「時代や国が変われば、依存するモノが変わってくる」的な部分がタイムリーだなと文章の普遍性ってすごいと思った。『”依存”ってのは人間そのもの』。

あと「年寄りは若者のためにあえて無知なふりをしている」という部分も、若者半分卒業した年齢だから共感するし、老害にならないように必要なことなんだよなと感じた。

他にも本筋とは関係ないけど、3Dプリンタの概念が出てきてて、科学の進歩すごい。

最後に福祉・医療分野の専門的なアプローチが描かれていて、こういう文章って割と冷めることが多いんだけど、担当分野でもあるからってのもあるけどしっかり読んで楽しめた。

 

自分も何割かはアルコール依存症予備軍だと思うし、親父はアル中からの10年ぐらい断酒中なので身に滲みまくりだった。アルコールに限らず依存症ってのは綺麗に終結を迎えることはなくて、何回も何回も反復しながら戻りながら、個人ではなく家族やチームで取り組んでいかなければならないことなんだなって学べたし、もう少し年取ってからまた読み返したら受け取り方も恐怖感も違いそう。

タイトルの意味がラストにわかるんだけど、オシャレすぎる。

 

 

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やがて海へと届く』彩瀬まる

ちゃんと次も読まなきゃいけない。

 

f:id:sunmontoc:20190318225553j:plain

『やがて海へと届く』彩瀬まる

一人旅の途中ですみれが消息を絶ったあの震災から三年。今もなお親友の不在を受け入れられない真奈は、すみれのかつての恋人、遠野敦が切り出す「形見分けをしたい」という申し出に反感を覚える。親友を亡き人として扱う彼を許せず、どれだけ時が経っても自分だけは彼女と繋がっていたいと悼み続けるが―。

 

好きな作品である『君の膵臓を食べたい』の映像版で主人公がこの作品を読んでると知って。作者の名前は知ってたけど「乃木坂にいそうな名前だな」程度の知識しかなく。

読んでみると、悲しみに暮れているばかりでもなく、悲惨さを訴え続けているだけでもなく。どう身近な人に起こった不幸を咀嚼して踏ん切りをつけて日常を続けていくかというか、日々の生活にどうやってあの大震災を浸透させていくかっていう感じでした。

2人(ふたつ)の視点で交互に物語が紡がれていて、世界観の振り幅が大きくていちいち感覚を入れ替えられるような不思議な読み心地。(解説を読んである言葉でつながっていると知ったけど)

大切な人が亡くなったことをどうやって忘れないでいるかではなく、その人との楽しかった思い出を思い出してあげるっていう、今まで考えたことがないような発想があって心に残ったし、悲劇に浸るよりもその方がその人のためだよなって思った。あとはその人から教わったこととか無意識に行ってる些細なことに影響を感じることでその人に「会える」っていうことが素敵だなと思った。

歳月を経てから読んだらどちらの視点もまた感じ方が変わりそう。

物語の元ともなったルポも必ず読む。

 

 

やがて海へと届く (講談社文庫)

やがて海へと届く (講談社文庫)

 

 

 

暗い夜、星を数えて: 3・11被災鉄道からの脱出 (新潮文庫 あ 83-2)

暗い夜、星を数えて: 3・11被災鉄道からの脱出 (新潮文庫 あ 83-2)

 

 

 

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

 

『R帝国』中村文則

ちゃんと一気読みしたかった。

 

f:id:sunmontoc:20190317182401j:plain

 

『R帝国』中村文則

舞台は近未来の島国・R帝国。ある日、矢崎はR帝国が隣国と戦争を始めたことを知る。
だが、何かがおかしい。
国家を支配する絶対的な存在″党″と、謎の組織「L」。
やがて世界は、思わぬ方向へと暴走していく――。
世界の真実を炙り出す驚愕の物語。

『教団X』の衝撃、再び! 全体主義の恐怖を描いた傑作。(Amazonより)

 

以前短編集を読んだ時に没頭しにくくてかなり苦手意識持ってたけど、職場の先輩に薦められて読んでみたらめっちゃ読みやすいし面白かった…。

年を経たせいか、世の中が変わったせいか、もっと若い時には一種のSF・フィクションとして読めたんだと思うけど、もはやそうは思えないリアリティさを物語からも世相からも感じ取れる。

第二次世界大戦中のようなわかりやすい支配や独裁ではなく、目に見えない、感じ取れない支配がもう既に始まってるかもしれない。というか目に見える形でももちろん起きてるんだけど。

あと物語の構成として、ここまで希望を極限まで絞ってるけど読んでてどんどん面白さが増していくってのも不思議な感じだった。

あとがきに書いてあった、この物語の行く末が希望になるかはこの現代にかかっているって投機が心にずっしり残る。

 

R=Resistance=抵抗➡︎R抵抗➡︎R帝国ってことなんですか?

 

 

R帝国

R帝国

 

 

『アシンメトリー』飛鳥井千砂

思ってた以上に面白かった。

 

f:id:sunmontoc:20190306013736j:plain

アシンメトリー飛鳥井千砂

結婚したい女。自由を選びたい女。結婚という形を選んだ男。好きな人と結婚したい男。非対称な男女4人の結婚と恋愛を描いた、長編恋愛小説。(Amazonより)

 

もっと結構甘い感じかと思ったらなかなかリアルだった。それぞれが抱えている問題や悩みがアラサー付近の人たちには共感まではいかないけど有りえてもおかしくないことだったから没頭しやすかった。

各々が自分視点の正しさの物差しを持っている反面、各々が少し狂っていて歪な形で隣り合っているというか支え合っている。でもその歪さこそがむしろ現実に近い気がして、常に正しい人なんているわけないよなと思った。

自分を貫き通すだけではなく、どこで割り切ったり踏ん切りつけたり、視点を変えたり妥協点を見つけるかってことも、折れる美学みたいなものも人生の中では大事だなと考えさせてくれた。

予想以上に読み応えがあって面白かったです。

 

 

アシンメトリー (角川文庫)

アシンメトリー (角川文庫)

 

 

 

 

『アンマーとぼくら』有川浩

これも良かったなあ。

 

f:id:sunmontoc:20190302175447j:plain

『アンマーとぼくら』有川浩

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。(Amazonより)

 

父ちゃんのイラつく寸前のギリギリで持ちこたえてる憎めなさもいいし、少女のようなおかあさんも魅力的。主人公については過去の描写は出てくるけど、現在をぼやかすことで最後まで物語の展開が読めないことが新感覚で面白い。

沖縄の各所について、観光的な魅力や戦争の悲惨さとかに焦点を合わせるのではなく、景観も設備もありのままの姿を丁寧に描写されていて、沖縄の人たちが「普通」に大事にしていること・信じていることを感じることができた。

設定も主人公の二面性というか、過去と現在をあえて混乱させるような書き方が面白いし、その2人が近づいたり離れたりする振り幅みたいなものも良い。

お父さんが亡くなった後の学校での話は先生と金ちゃんに思わず感動してしまった。

現在と過去を行き来しながら2人の想いを知りながらどんどん素直になっていく主人公に感情移入できて、悲しい終わり方じゃなくて本当に良かったなって子供みたいに思うことができた。

もちろん読み終えてからはかりゆし58を無限リピート。

 

アンマーとぼくら

アンマーとぼくら

 


かりゆし58「アンマー」

 

 

 

 

 

 

『風味絶佳』山田詠美

名作今更。

 

f:id:sunmontoc:20190302173812j:plain

『風味絶佳』山田詠美

「甘くとろけるもんは女の子だけじゃないんだから」。恋の妙味を描く珠玉の6篇。20年目のマイルストーン的作品集。谷崎賞受賞。(Amazonより)

 

『ぼくは勉強ができない 』で革命起こしてくれた作者。

恋愛の短編集だけど、今まで自分が読んできたようなわかりやすい終わり方ではなくて、後を引いたりもやもやを残らせたりする終わり方で、でもその割り切れない感覚がだんだんクセになってくる。

表題作以外も面白いし、他も官能的とは違う、うまく言い表せないけど生々しい魅力が詰まってる。

あとがきを読んでやっと全部「職人」が出てくると気付いた。

徐々に作風わかってきたのでもっと読み漁ろう。

 

 

sunmontoc.hatenablog.com

 

 

風味絶佳 (文春文庫)

風味絶佳 (文春文庫)

 

 

『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』嶽本野ばら

名作今更。

 

f:id:sunmontoc:20190225223805j:plain

下妻物語嶽本野ばら

四方八方田んばだらけの茨城県下妻。そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女・桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリヤンキー少女・イチコと出会う。見た目も趣味も全く違うこの二人。わかり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて…。ギャグぶっちぎり!思いっきり笑ってほんのり泣ける爆走青春ストーリー。刺激的でエンターテイメント・センスがたっぷりなコマーシャルで知られるディレクター・中島哲也氏が惚れ込み、自ら監督を名乗り出た素敵な映画化原作。(Amazonより)

 

ギャグも好きだし、隔てがありすぎるカルチャーショックもいいんだけど、何と言っても細部にリアリティがあるところが物語の面白さを増幅させている。パチンコにしろ刺繍にしろ、専門的なことはわからなくても、詳細な描写にどんどん惹かれていって、しかもその知識がいやらしくなくさらっと過ぎていくから読みやすい。

あと今読むと余計に思うんだけど、それぞれの好きなものへのこだわりや信じるモノへの頑固なまでの想いっていうのが、現代世間には足りない要素な気がして、こういう妄信さっていうのはある意味忘れちゃダメだなって気づかせてくれた。

当時食わず嫌いせずに映画も観ればよかったなー。

 

 

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)

 

 

映画「下妻物語」

映画「下妻物語」