『いのちの停車場』南杏子

ラスト、ドキッとした。

 

f:id:sunmontoc:20210416071013j:plain

『いのちの停車場』南杏子

東京の救命救急センターで働いていた、62歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療医になる。「命を助ける」現場で戦ってきた咲和子にとって、「命を送る」現場は戸惑う事ばかり。老老介護四肢麻痺のIT社長、6歳の小児癌の少女…現場での様々な涙や喜びを通して咲和子は在宅医療を学んでいく。一方、家庭では、骨折から瞬く間に体調を悪化させ、自宅で死を待つだけとなった父親から「積極的安楽死」を強く望まれる…。(Amazonより)

 

終末期医療や緩和ケア、ステージドクターなど、作者が描く様々な医師像を体験してきたけど、今回はそれとはまたちょっと違う「在宅医療」が舞台。

 

命の明滅にとても近いところであることに変わりはないけど、どうやって家という自分を包み込んでくれる空間で病と向き合っていくか、または死への準備を行っていくかというところにスポットが当てられている。

 

それは決して物語の出来事だけに収まるのではなく、看病したり看取る側にも降り注ぐ、いずれ必ず自分の親や自身にも訪れる問題なんだなとリアリティを感じながら楽しめた。

 

各登場人物が一人で派手で目立つわけではなく、各々が支え合いながら少しずつ進んでいっている感じが、金沢の落ち着いた風景描写と合わさりじんわり来るし、各章の病人たちが困難な状況にありながらもエネルギッシュで小さいながらもしっかり火を灯していることを感じる。

 

そしてなにより驚いたのがラスト。今までの作風とは違っていて、悲しいけれど毅然とした決意を感じる。それは決してフィクションの中だけではなく、現代社会や読み手への投げかけなのではないかと思った。

 

積極的安楽死を含む終末期の医療のあり方、苦しんでいる張本人の意思の尊重の仕方など難しい問題はたくさんあるのだろうけど、読み終わった後には満足感だけではなくしっかり心に「自分だったら、親だったらどうするか」という引っかかりを残してくれる素晴らしい作品だった。

 

 

いのちの停車場 (幻冬舎単行本)

いのちの停車場 (幻冬舎単行本)

 

 


www.youtube.com

 

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

 

『その手をにぎりたい』柚木麻子

なんとはなしに読み始めたらすごく面白かった。

 

f:id:sunmontoc:20210413063814j:plain

『その手をにぎりたい』柚木麻子

八十年代。都内で働いていた青子は、二十五歳で会社を辞め、栃木の実家へ帰る決意をする。その日、彼女は送別会をかね、上司に連れられて銀座の高級鮨店のカウンターに座っていた。彼女は、そのお店で衝撃を受ける。そこでは、職人が握った鮨を掌から貰い受けて食べるのだ。青子は、その味にのめり込み、決して安くはないお店に自分が稼いだお金で通い続けたい、と一念発起する。そして東京に残ることを決めた。お店の職人・一ノ瀬への秘めた思いも抱きながら、転職先を不動産会社に決めた青子だったが、到来したバブルの時代の波に翻弄されていく。(Amazonより)

 

自分自身が経験していなかったバブル時代の仕事と恋愛と食の物語。この3つの要素が混じり合って溶けて混ざって、出世欲も金欲も性欲も食欲もひとつになって翻弄していく描写は流石だった。時系列が逆になるけど、『BUTTER』に通じるものがある。

ひとつひとつのネタに合わせたストーリーも見事だし、主人公が時代の趨勢とともに変化・成長・挫折していくさまも読み応えがあった。未経験者からすれば、本当にこんな狂乱みたいな時代があったんだなって、少しの羨ましさもある。ただ、かつての輝かしい花火の一瞬を見ているようでありながら、ここ数年の日本・世界の変化を考えると、派手さはないだけで過去以上に混沌とし静かに変化しているのではないかと薄ら寒くもなる。

最初は女性が主人公のラブストーリーくらいの捉え方で読み始めたけど、どんどん刺さる部分が出てきて、現在30代独身で先が見えづらい時代に生きている自身には身につまされる箇所も多い。これからいつ読み返しても感じるところが多い一冊となった。

 

 

 

その手をにぎりたい (小学館文庫)

その手をにぎりたい (小学館文庫)

 

 

 

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

 

『犬がいた季節』伊吹有喜

久しぶりの伊吹有喜はやっぱりものすごかった。

 

f:id:sunmontoc:20210411094803j:plain

『犬がいた季節』伊吹有喜

ある日、高校に迷い込んだ子犬。生徒と学校生活を送ってゆくなかで、その瞳に映ったものとは―。最後の共通一次。自分の全力をぶつけようと決心する。18の本気。鈴鹿アイルトン・セナの激走に心通わせる二人。18の友情。阪神淡路大震災地下鉄サリン事件を通し、進路の舵を切る。18の決意。スピッツ「スカーレット」を胸に、新たな世界へ。18の出発。ノストラダムスの大予言。世界が滅亡するなら、先生はどうする?18の恋…12年間、高校で暮らした犬、コーシローが触れた18歳の想い―。昭和から平成、そして令和へ。いつの時代も変わらぬ青春のきらめきや切なさを描いた、著者最高傑作!(Amazonより)

 

連作短編集みたいな形で全章文句なしで良いんだけど、はじまりの第一章を読見終わった瞬間の充実感と言ったら。

 

犬のコーシローを支点にして、高校3年生という何物にも代えがたい、子供から大人へと一歩進む瞬間を切り取ることで、思春期の輝きや葛藤、これから待ち受けているであろう人生の苦難への恐れなど、様々な感情が増幅されている。

 

そして、やっぱりこの作者は人物の感情の背景や裏側というか、表には出さない部分の描写がめっちゃわかりやすいし、グッと来る。第一章の最後のコウシロウなんて本当に切なくていじらしくて、それでもしっかり一人の人間として立っている強さも伝わってきて、これからあと何回かこの体験をできるのかと思うと多幸感に満ち溢れた。恋愛の儚さと尊さも、人生と人間関係の少しの苦味を伴った面白さも、多くの感情体験を与えてくれる。

 

あともう一つの側面として、昭和のケツから令和のアタマまでの約30年間の、日本の移り変わりも表現されている。自分自身が昭和63年世代ってのもあるけど、様々な文化や出来事があったんだなってことを実感する。しかも、高校3年生というずっと30年間変わらない年齢層から切り取って表現されているため、ふつうの追体験や自分が経験してきた感覚とはまた違ったふうに感じることが出来て面白かった。でもやっぱり、1995年の阪神淡路大震災地下鉄サリン事件の衝撃はものすごいなってことを改めて感じたし、受験生という立場で考えたら人生の岐路にも影響出てくるよなってことを知ることができた。

 

本当に各登場人物が魅力的だし、その魅力の根源にある感情の揺らぎ方の描写も見事で、そして繋っていくストーリーも最後の最後まで幸せに満ち溢れていて、読後の充実感と満足感は今年一番だった。

本屋大賞ノミネート作品は四作しか読んでないけど、どれが受賞するか楽しみ。

 

 

犬がいた季節

犬がいた季節

 

 

 

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

 

 

 

『相談の森』燃え殻

ちょっと読み始めたら手が止まらず一気読み。

 

f:id:sunmontoc:20210405063434j:plain

『相談の森』燃え殻

人生相談の人気連載「燃え殻さんに聞いてみた。」待望の書籍化!悩みの一つ一つに、自身も迷いながら答えた「人生をなんとか乗りこなす方法」61篇。(Amazonより)

 

様々な悩みや相談に答えているけど、その答えは、世間一般的に広く受け入れられるような正解ではなく、作者自身の考え方に根付いた、かつその悩みについて真摯に考えた結果の答えだった。

冒頭にも書いてあるけど、本当に一緒に朝まで話を聞いてあげたような、ともに悩み抜いたような感じを受ける。

 

個人的にぐっと来たところは、

 

大切なことを決める時は”世間”という言葉、”一般的”という言葉、”普通”という言葉を使わずに説明できないと僕はダメだと思っています。

 

人がすぐに言いがちな、「人生は何度でもやり直せる」は嘘だと思っています。でも「人生は何度かやり直せる」は心から信じています。

 

ってところかな。あとQ58全体。

 

マジョリティには響かないかも知れないけど、作者の文章に多少なりとも影響されたような人たちには、正解以上に響くところがかならず見つかる。

作者自身に対する信頼が高まった一冊となった。

 

 

 

相談の森

相談の森

 

 

sunmontoc.hatenablog.com

 

『熱源』川越宗一

読み応え満パン。

 

f:id:sunmontoc:20210404100721j:plain

『熱源』川越宗一

故郷を奪われ、生き方を変えられた。それでもアイヌアイヌとして生きているうちに、やりとげなければならないことがある。北海道のさらに北に浮かぶ島、樺太(サハリン)。人を拒むような極寒の地で、時代に翻弄されながら、それでも生きていくための「熱」を追い求める人々がいた。明治維新後、樺太アイヌに何が起こっていたのか。見たことのない感情に心を揺り動かされる、圧巻の歴史小説。(Amazonより)
 
ずっと気になってたけど読めてなかったやつ。
 
言葉と『シャーマンキング』の「ホロホロ」でしか知らなかった世界、アイヌ樺太
そこに根付く人たちの誇りと歴史に翻弄されていく苦悩。儚さを感じつつも何度挫折しても心に灯る熱を種火に生き続けていく強さ。もちろんフィクションであることは前提だけど、日本人として知っておくべき史実と物語だと思う。そしてそれは単に日本という国だけではなく、ロシアやポーランドという物語の舞台としては馴染みが薄かった東欧諸国が関わっていて、世界の複雑な関係も知ることができる。
 
滅びゆく運命があったとしても、他国に翻弄されたとしても、その土地には進行系で生きている「人」がただそこにはいるという揺るぎない事実が存在しており、その関係性や時代を縦断した繋がり方が熱源を生んでいく。
 
各人物の登場の仕方が同時多発的であったり、気づいたら舞台から居なくなっていたりして、時代のうねりは感じるけど、読み終わった後には約百年間のひとつの時代の熱量に心が満たされる。
 
台湾を舞台にした『流』『路』『魯肉飯のさえずり』といい、最近は知らなかった土地の変遷や歴史に惹かれる傾向が出てきて、海外の小説もいろいろ読んでいきたい。
 

『魯肉飯のさえずり』

読んでる最中も読み終わった後も魯肉飯食べたくなる。

 

 

f:id:sunmontoc:20210324213443j:plain

『魯肉飯のさえずり』温又柔

ママがずっとわたしの恥部だった―「もしも、あたしが日本人ならと思う」就活に失敗し、逃げるように結婚を選んだ桃嘉。優しい台湾人の母に祝福されるも、理想だった夫に一つ一つ“大切なもの”をふみにじられていく―ことばを超えて届くのは、愛しいさえずり。台湾と日本のはざまで母娘の痛みがこだまする。心の声をとり戻す長篇小説。(Amazonより)

 

 

『流』、『路』に続く台湾を舞台にした作品三冊目。読むたびにどんどん魅力が増して惹かれていく。海外旅行したことないけど一番興味あるし行ってみたい。

 

日本人・台湾人・中国人、統治する国が変われば呼び方も変わっていく移ろいやすさと、それでも自身のルーツや生きてきた道程に誇りを持って掲げる主張。このコントラストは台湾という近代では特殊な変遷を辿った国だからこそ色濃く表されるんだと思う。

 

外国人であったことや、外国人であった家族を持つことでの、他者との根本的でのわかりあえなさや、会話の端々から感じる決して交わることができない人間もいるんだという小さな哀しみと諦めが印象的だった。

だけれど、そんな人ばかりでなく、自身をそのまま受け入れてくれる人との出会いがいかに幸せなことか、そして協調や疎通の仕方が拙くてもしっかり伝えることがどれほど大切なことか、丁寧な文章からじんわり伝わってきた。

 

そしてそれらの行き違いや意思を疎通の難しさは、決して国籍や人種が同一でないから起こるものではなく、だれとでも起き得る普遍的なものであるってところ大切だし、言語が同じでもわかりあえていないっていう皮肉さも効いていた。

 

表紙も綺麗で惹かれるし、見かけ以上に読みやすい文章だし、知らなかった歴史や感情も知れて面白かった。

年末から海外を舞台にした作品をちょいちょい読んでいて、自分の読書経験の範囲が広がっている気がして楽しい。

 

 

 

魯肉飯のさえずり (単行本)

魯肉飯のさえずり (単行本)

  • 作者:温 又柔
  • 発売日: 2020/08/20
  • メディア: 単行本
 

 

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

 

『本屋さんのダイアナ』柚木麻子

子供も大人にも深く残る素晴らしい作品。

 

f:id:sunmontoc:20210322064546j:plain

本屋さんのダイアナ』柚木麻子

私の呪いを解けるのは、私だけ。「大穴」という名前、金色に染められたパサパサの髪、行方知れずの父親。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と同級生の彩子だけが光を与えてくれた。正反対の二人は、一瞬で親友になった。そう、“腹心の友”に―。少女から大人への輝ける瞬間。強さと切なさを紡ぐ長編小説。(Amazonより)

 

正反対に見られるし見ている鏡のような二人が、近づき離れてまた繋がるまでの物語。

出会いの頃も、距離が遠くなったときも、二人は常に惹かれ合っていて、それは光であるとともに時には影となって自身を覆ってくる。自分には持ち合わせていないものを羨む劣等感や僻み、そういう清濁併せた感情を持ち続けて十年間疎遠でもお互いが心から居なくなることはなかった。

互いの語りが交互にあり、対照的な話のトーンが、その時のそれぞれの足りていないものを表し補完しあっているようにも感じられ、早く二人の再会が読みたくなり、もどかしい気持ちになる。

また、明るくないけど様々な児童文学・少女文学や作家名が出てきて、ストーリーにもリンクしてくるので、読書をする上での教養の素地みたいなものの大切さも実感する。こういうのがわかったほうが更に面白さ増すんだろうな。

十年間ぶりの再会という劇的さはあるものの、それまでの二人が経験する中高大学時代の経験は、良くも悪くも思春期ならではの純粋さや刹那さや幼稚さ、その当時でしかわからない感情の揺れ動き方や他人からの影響のされ方が表現されていて、読み手の現実ともしっかり繋がってくる。

友情の尊さも、自立の本質も、本の素晴らしさも、この本を読むだけでたくさんのことを気づき感じられる。

一生本棚に置いておこう。

 

 

 

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

 

 

 

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com

sunmontoc.hatenablog.com